【第4回】
LOT.11 宮本 崇輝
Miyamoto Takaki

Growth

ガラス
Glass
23×20×16cm

[Comment]
生き物が成長していく姿は美しい。とけているガラスは柔らかく躍動的であり、その後透きとおる。この特徴は新芽が潤いを持ち、また純粋に成長して行く様を表すことに適している。新芽を自分に重ね制作を続ける。

[Profile]
多摩美術大学   2010年卒業
Tama Art University

2010-多摩美術大学工芸学科ガラス専攻卒、2010-髙橋グラススタジオ、2011~2015-あづみ野ガラス工房、2015-ヘイスタック奨学金取得受講(メイン・アメリカ)、特別講義講師(多摩美術大学ガラスプログラム内・東京)、2016-Mohl & Drivsholm Glas アシスタント(エーベルトフト・デンマーク)、Backhaus-Brown Glas アシスタント(フンデスティッド・デンマーク)、2017-The Royal Danish Academy アーティスト イン レジデンス(ボーンホルム・デンマーク)、2018~-富山ガラス造形研究所 助手

Published

Updated

Author

kaka

Categories

工芸

Comments