【第4回】
LOT.17 小玉 真裕
Kodama Mayu

唇亡びて歯寒し

堆漆板、真珠
Urushi,pearl
1×2×2cm

[Comment]
堆漆板とは、漆を一日一回百回塗り重ねることにより、堅牢、均一で、刃物で自由な形に削ることができ、磨くことで透明感のある艶も出せる漆100%の魅力的な材料である。しかし、1年かけて作った堆漆板は、削ると元には戻らない、このイヤーカフは1日で形になる。工芸でアートすると、少し不条理なことが起きる。

[Profile]
金沢卯辰山工芸工房 2020年卒業見込み
Kanazawa Utatsuyama Kogei Kobo

2013 第56回伝統工芸四国展 (第57,58,59,60回)

2015 小玉真裕香川漆芸展 北海道市立室蘭総合病院(2016 第2回)/ 第80回香川県美術展覧会 (第81,82回)/ 第62回日本伝統工芸展 (第63,64回)/ 第58回伝統工芸四国展 奨励賞

2016 年のはじめ漆三人展 香川県灸まんギャラリー/ 第27回文化財漆協会会員漆芸展 日本橋三越/   香川漆芸美術展~その始まりと今~ 香川県立ミュージアム/第59回伝統工芸四国展 奨励賞/第34回日本伝統漆芸展 (第35回)

2017 小玉真裕 浅野絵莉展 表参道ギャラリー同潤会/ ZOKOKU 香川漆芸作家展 東京国際フォーラム

2018 第59回石川の伝統工芸展/工友会 香川県かまどホール/日本の手仕事と北欧のヴィンテージ 香川県CONNECT