【第4回】
LOT.32 加藤 優花
Katou Yuka

微視も、巨視も

木製パネルに和紙貼り込み
Woodpanel,Japanesepaper
40×40×3cm

[Comment]
正円(=形而上の永遠なるイメージ)から一部を降ろしてきた事を意識しており、和紙の重なり合いはこころの重なり、それらを俯瞰して世界図を表現します。形而上と形而下のせめぎ合い、ミクロとマクロの両視界が開けるような作品を目指しています。

[Profile]
多摩美術大学
Tama Art University

06年 グループ展(銀座フォレスト)   07年 守谷育英会美術奨励金 守谷賞受賞   08年個展(アートスペース羅針盤)   09年FIELD OF NOW(銀座洋協力ホール)   09年FUTABA FRESH ARTIST’s(フタバ画廊)   10年個展 (ギャラリー広田美術)   12年 現代アーティスト クレパス画展(京橋画廊)   12年 グループ展(アキバタマビ21)   13年中之条ビエンナーレ(“イマジン”として参加)   17年 個展(slow house天王洲店)

Published

Updated

Author

kaka

Categories

立体作品

Comments