LOT. 26 豊海 健太
Toyoumi Kenta

02010198

白蝶貝蒔絵縁起小箱 Shirochogai makie engi kobako

漆、白蝶貝、金粉、真鍮
Japanese lacquer, shell, gold and brass
4.0*4.0*4.0cm

[Comment]
縁起の良い箱。縁を大切にすることで、縁起は良くなると思う。
この小箱が良い縁をもたらしてくれることを願い制作しました。
白蝶貝を全体に貼り、金蒔絵で水引模様を描いています。上面は透漆を何層も重ね飴色にし、時間の変化で下の金模様が現れてきます。
A good luck box. I think your luck improves when you cherish the connections that you have. I created this box hoping that it will bring you good connections. The entire box is adorned with white-lipped pearl oyster shell and mizuhiki (decorative and often auspicious objects made of Japanese paper cords) designs were drawn using lacquer and gold powder (the maki-e technique). As it was finished in a caramel color, by applying multiple layers of semi-transparent lacquer (suki-urushi), the gold designs underneath the top surface will emerge over time.

[Profile]
金沢美術工芸大学大学院 在学中
KANAZAWA COLLEGE OF ART

1988年 大阪府生まれ
2014年 個展「豊海健太 -いつか-」ギャルリー東京ユマニテbis、東京
      「第1回CAF賞」TABLOID GALLERY、東京
      「髙島屋幻想博物館」東京、大阪、京都、愛知、横浜
      「Artistic Christmas vol.Ⅷ-モノクロームの夢-」新宿髙島屋美術画廊、東京
      「あいづ まちなかアートプロジェクト2014」福島
2015年 「漆芸の未来を拓く-生新の時2015-」石川県輪島漆芸美術館、石川
      「装填画展-文学とアートの出逢い-」Galleryミュゼ、石川
      「コウゲイ℃-素材と今の接触点-」金沢21世紀美術館市民ギャラリー、石川
       個展「豊海健太 -界-」ギャルリー東京ユマニテlab、東京
      「あいづ まちなかアートプロジェクト2015」福島
      「次世代工芸展2015」京都市美術館別館
      「Artistic Christmas vol.ⅸ」新宿髙島屋美術画廊、東京
       2015年度三菱商事アート・ゲート・プログラム 奨学生
2016年 「種を噛む」石川県政記念しいのき迎賓館、石川
      「SICF17」スパイラル、東京
       個展「豊海健太 -アダムはリンゴが嫌いだった-」morgenrot、東京
      「山本冬彦推薦の金沢美大出身作家展」ギャラリー枝香庵、東京
      「Artisitic Christmas vol.x」新宿髙島屋美術画廊、東京
      「あいづ まちなかアートプロジェクト2016」福島

<コレクション>能登乃國・和倉温泉多田屋(TADAYA)