LOT.15 森山 枝美
Moriyama Emi

0227

境界 border

錆びた針金、紙粘土、蜜蝋、キャンバス
Rusty wire, paper clay, bees wax and canvas
26.3*20.0*10.5cm

[Comment]
AとBの境界線は必ず存在する。日本人は、昔からどちらでもない中間を好む。
「縁側」や「障子戸」はその例えだ。
現代、様々な芸術の形が現れている。上述した日本の考え方は、現代の芸術に大きく通ずると考える。
A boundary line always exists between A and B. From long ago, the Japanese have always preferred the middle. Engawa (an open corridor or porch) and shoji (sliding paper doors) are some examples.
Today, many forms of art have appeared. I believe the Japanese concept described above and contemporary art have much in common.

[Profile]
大阪芸術大学 在学中
OSAKA UNIVERSITY OF ARTS

2013年 福井県立敦賀工業高等学校卒業
2015年 大阪芸術大学短期大学部 デザイン美術学科卒業
2016年 ART OSAKA 2016出品