LOT.12 池田 晃将
Ikeda Terumasa

01840186

雷流回路絵飾箱 Electronic circuitry box

漆、夜光貝、金
Japanese lacquer, shell and gold
5.0*5.0*5.0cm

[Comment]
私は、かつての絵師や蒔絵棟梁が当時の技術を柔軟に取り入れたように、新しい表情を纏わせることで同時代の美術工芸なるものを模索しています。
この作品は電子基盤に流れる不可視な伝導素子を螺鈿の輝きで表現したものです。
I am exploring contemporary arts and crafts by cladding my work with new expressions, just as painters and master maki-e (lacquerware decoration) artisans of the past flexibly incorporated new techniques. This work uses the glittering of raden (shell decoration) to express the invisible conducting elements flowing in a circuit board.

[Profile]
金沢美術工芸大学 2016年卒業
KANAZAWA COLLEGE OF ART

1987年 千葉県出身
2014年 金沢美術工芸大学 工芸科 漆・木工コース卒業
2016年 金沢美術工芸大学大学院 修士課程 修了
現在   金沢卯辰山工芸工房 研修者

個展
2014年 池田 晃将 漆展―極小の装飾―gallery Musee (石川)
2015年 池田 晃将 漆展 伊勢丹新宿本店5階ウエストパーク (東京)
2016年 池田 晃将 漆展 伊勢丹新宿本店5階ウエストパーク (東京)

グループ展
2014年 次世代工芸展 招待出品 (京都)
      金屋町楽市 inさまのこ 出品 (富山)
      新宿伊勢丹本館5階 ウエストパーク Future of Art&Craft gallery Musee企画 (東京)
      「Epoch Garden」金沢市問屋町スタジオ (石川)
2015年 銀座三越 「金沢・能登・加賀展」gallery Musee企画 (東京)

その他活動歴
2015年 次世代工芸展 大賞受賞 (京都)
2016年 修了制作展(金沢21世紀美術館) ベイスギャラリー大西利勝賞受賞
      修了制作 日本漆工協会漆工奨学賞受賞