【第4回】
LOT.5 ケイ・アラブナ
Kei Arabuna

都市型茶碗

九谷磁土、石川県の土、ファスナー
Kutaniclay,Ishikawasoil,fastener

13×13×5cm

[Comment]
古来の工芸素材である九谷磁土と還元焼成をベースに、同じ石川県の地で採取された現在の土を独自に混ぜ合わせたコンクリート調の土で人工と自然の対比を描きました。古の文化である工芸と現代アーティストによるコンセプトが入り混じります。協力・伊藤孝英(陶工)

[Profile]
金沢美術工芸大学 2011年卒業
Kanazawa college of art

2015年 Before the scent has gone – Badass Gallery / 石川県(個展)

2016年  ルーヴル美術館, フランス パリ(アートフェア)

empty portrait-ギャラリー知/京都府(個展)